ママの格闘と改善のダイアリー

自分の子が発達障害?
それって何? から始まった。

トップページ

ほめるということ

大人の発達障害

自分はずれてないと思う、発達障害の非常識。40代の友達その後

何度入院しても、自分は、おかしくない、と思う 以前、最近になって発達障害と認定された40代の友達のことを書きました。 よかったら、前のブログもリンクしておきます。 彼女のその後を書きます。 彼女は、結局、大変な周りの努力...
高校2年

普通からずれた感覚を、認知させることが、発達育児の1丁目1番地

へっちゃらで、できた、と思う、げんちゃんタイプの発達障害 発達障害の人は、普段自信がないような感じであっても、色んなタイミングで、自分はできてると思っている人が多いと思います。 もちろん、げんちゃんはその代表です。 それを表す...
高校1年生

本質改善の旅 あるタイプの子に 好きなことだけさせる怖さ

> げんちゃんの本質改善の旅は、まだまだ続きます。げんちゃんの、自分勝手に、好きなところだけに気持ちを入れて、やりたくないことは、蝋人形みたいな心で、適当にやってりゃいい、という傲慢さを治すのは大変なことです。かなり能力が上がっていると思う...
中学2年生

常識的な教育指導方法が、発達障害児をだめにすることがある

  > PTAの会合に行くと、試験前でも、保護者は、子供のテストの内容などぜんぜん知らない人ばかりです。あたりまえですよね~。子供自身でみんなやってるわけですからね。塾を利用している子がいたとしても、つきっきりで母親が見てる子なんているはず...
中学2年生

発達障害、外側を見て判断できない。

 > げんちゃんを例えるなら、車の運転を例に出すといいかもしれません。二人の人が、車を運転しています。一人は、行先もわかって、自分がそこへ移動している理由もつかんでいます。しかし、もう一人は、その人と同じ道を同じように走っていますが、行先...
中学1年生

発達障害のわが子を褒める時、とくに思春期?

 > 「ほめること」、がげんちゃんの弊害になる、と前回のブログで書いたのですが、私も、最初は、よくわかっていなくて混乱していました。でも、最近少しわかるようになってきました。 たとえば、げんちゃんは、最近、トルコ行進曲をざっくり全部弾けるよ...
中学1年生

発達障害、やみくもにほめる育児は危ないこともある。

> ほめる育児・・・というのは、推奨される育児のもっとも代表格だと思います。がしかし、発達障害のわが子げんちゃんの場合、今は、それが恐ろしい結果を生みます。いや、たぶん、発達障害のお子さんの場合、やみくもに褒める育児はほんとに危険だな、と...
中学1年生

発達育児、極端に走らせてはだめ。ことばかけ命!

 > げんちゃんの定期試験は、結果は捨てるとしても、定期試験に向かう、普通の人たちの気持ち、、とか行動とかは、やはり、しっかり入れる必要があると思います。 まったく間に合わないこの状況で、どういうかんじでやるのか、というのは、私も悩みます。...
中学1年生

ほめる育児はいいのだけれど・・・

>  中1になって、新しくげんちゃんを週一教えて下さるユリ先生が、先日夏休み帳の数学と国語をさせてくださいました。 2時間ちょっとの間にげんちゃんがこなしたのは、数学の計算1ページ、国語の1ページでした。終わって先生からの報告をお聞きする...
タイトルとURLをコピーしました