ママの格闘と改善のダイアリー

自分の子が発達障害?
それって何? から始まった。

トップページ

発達障害改善の段階

発達障害改善の段階

発達障害、障害のベースは二つありそう

多動で親を困らせていたお子さんでも、言語能力や、空間認知など、ベースの能力が高ければ、ある時から改善していくことがあると思います。 車のエンジンと、アクセルを踏む技術にたとえると、エンジンはしっかりしていて、ただ、アクセルの踏みかたがめちゃくちゃだった、ということに似ています。
発達障害改善の段階

感情とは、本質的な自己意識ではなく、表面上の意識。

げんちゃんの成長は、色んなステージを踏んでいます。。まず、初めは、 まったくこちらとつながりのない世界に住んでいるげんちゃん。   言葉は出ていますが、独り言とさしてかわらず、こちらとかみません。こちらが、相槌を打ったりして、合わせてあ...
中学3年生

何をどのようにするのか。今は何が大事なのか・・・

 絵を描かせようと思って、スケッチブックを渡したら、たまたまついていた塗り絵を塗りたい、言い出しました。まだ、稚拙な塗り方で、しかも、がんがん黒を使っていました。S先生によると、まだまだ、逃げの気持ちがあるようです。黒をこんなに使うなんて確...
中学3年生

意識を入れることを、少しつかんできたのかもしれない。

 > げんちゃんは、この1週間で、少し良くなりました。何度か前のブログで、卵が割れるまで出てこない、と嘆いていましたが、とりあえず、割れたのでしょう。気持ちを入れ続けることが、前よりできるようになっています。T高校には、落ちるかもしれない、...
中学3年生

今をとらえ自分をとらえ、その次に、未来と他人をとらえる

  げんちゃんは、気持ちを入れると、ずいぶん成長したな、と感じます。(意識を抜きまくると、それも怪しいですが・・・・・)「明日、学校から帰ったら、職場に連絡してちょうだい。」なんていう、たわいない指示も、中学入学当初なら、絶対に忘れていた...
中学3年生

発達育児の佳境に入ってきたのかもしれない。

>げんちゃんを育ててきて、この子たちを真に導ける先生がほんとに少ないと感じます。 療育という名のもとでお仕事をしている方たちにいたっては、普通の先生方より、もっとできていない、とさえ感じるくらい、正しく導ける先生は少ないです。もちろん、いな...
中学3年生

自分の心が把握できてきたげんちゃんの甘えとずる 甘えその1

 >げんちゃんの表面が、相当いい感じに見えるので、彼の本音、心の奥底にある思いが、真逆の負のものであるということは、私には、あまり伝わってきませんでした。勉強を教えていくと、すぐに馬脚を現すのかもしれませんが、それだって、一生懸命しているけ...
中学3年生

表面をたどるだけで、わかったと思い込む

   とうとう来週が定期試験です。全教科・・・。何度となくやってきたこの状況、なんとなくいらいらします。とはいえ、私は、今ではノータッチですから、昔よりずいぶん楽です。K先生のところで、ウィークデーは勉強してますが、試験に特化してるわけでは...
中学3年生

気持ちを入れても継続が難しい。

  日曜はパパも私も、出かける用事があって、げんちゃんを一人家に置いておくことになりました。期末試験期間にも突入しています。私は、げんちゃんに、「今日は、あなたは自分で自覚をもって過ごさないと、知りませんからね。T高校の入試も、この試験が左...
中学3年生

上がったステージで、少し下のことをすれば、楽!

げんちゃんの一日一日・・・・表だけは良い感じにしているけど、中身は、完全に抜いていて、私さえ騙されてしまう状態が続きました。たとえば、先々週は、あるプレミアム列車の一日旅行を計画しました。私は先に博多駅にいて、そこに、げんちゃんが家から...
タイトルとURLをコピーしました