ママの格闘と改善のダイアリー

自分の子が発達障害?
それって何? から始まった。

トップページ
高校2年

高校定期テスト。発達障害はそもそも準備が困難

学習よりも、精神面の成長が今は目標 げんちゃんは、テスト期間中です。 テストの内容は、高校生というより、中学の初歩的な内容です。 タブレットに配信される、授業教材だけ勉強していたら、普通の子なら満点に近い点数を取れるんじゃないかな...
高校2年

複雑な計算は解けない? 発達障害の”できない本質”

げんちゃんは、気持ちをぎゅっと入れているときは、かなり、以前とは違うげんちゃんになったと思います。 昔だったら絶対にできないような、少しめんどくさい分数の計算に、逃げずに取り組んでいます。 しかし、その時は、げんちゃんの発達障害...
高校2年

発達障害の学生を受け入れる、高校の理想と現実。

福岡では有名な、不登校児や発達障害を受け入れてくれる某高校。先生方は親切で、良い雰囲気の高校です。 しかし、厳しさと言う点で足りないことが多く、卒業後、社会に羽ばたけない子も多いようです。
高校2年

不登校児の多いげんちゃんの学校、突然の休暇

福岡のT高校。どの子も受け入れるコンセプトは、素敵ですが、世間とかけ離れたゆるいスケジュールにびっくり。 コロナが落ち着き、通常通り授業が進んだかと思うと、子供と先生が疲れているからと、急にお休みになりました。これでは、学ぶチャンスがない。
高校2年

知的障害、福祉の中で生きることだけ考えていたら、目標が低くなる。

たまには喫茶店でスイーツ。こういう時間が、ほんとに幸せに感じる発達育児~。 知的障害は、IQが低いから、何を教えてもだめなのか? 先日のブログで、本題、と書いていたことを書きます。 知的障害の子を持って、初めから、その子が福祉...
未分類

12年前、発達障害の息子を前に考えたこと。

学校で習ってきたパスタ。もう一度家で作るように言ったら、ほとんど覚えていない。結局私がリードして作ることに・・・ 料理が好きとか言ったりするけど、それだって、まったく深堀しない。内容が常に薄いのがげんちゃんです。一つことに集中、深堀り...
表面でしか捉えない

これを放置すればどうなるか、考えない発達障害

自転車購入の時の快挙を書きましたが、あ~あ、がっくり、という事件もおきました。 自転車購入時、古い自転車の方は、自転車屋さんに引き取ってもらいました。その時、うっかり、ユー字ロックを古い自転車につけたままにしてしまったのです。 ...
高校2年

気持ちを使って考え、その自分を、把握する。発達障害改善

プラモデルなんて、げんちゃんは嫌い。それでも、いやなことにもトライすることを学ぶために、ぼちぼちやらせています。自分と向き合う良い訓練です。結構時間かかりますが・・・ 自分の中から、思いを取り出す。 こんなことさえ、快挙なの? ...
高校2年

普通なら真っ先に言いたくなることでも、言わずに流してしまう。

発達障害、理解できない行動 げんちゃんのあるあるで、とても信じられないことがあります。 先日、駅まで乗っている自転車が壊れたようでした。学校から家に帰ってくる時に、ペダルがまわらなくなっていたようです。 いつも、学校から帰...
高校2年

発達障害のげんちゃん、算数の学習障害の経緯

発達障害のげんちゃんは、幼児のころ、IQが60で、数の障害がほんとにひどく、ひとけたの計算さえ、何年もかかっても、少しできるようになっただけ、と言う状態でした。しかし、あらゆる努力を重ね。克服する過程の中にいます。17歳の今、ずいぶんできるようになり、もう少しで、社会人として必要なスキルが身につくのではないかと思います。
タイトルとURLをコピーしました