ママの格闘と改善のダイアリー

自分の子が発達障害?
それって何? から始まった。

トップページ

意識低下

高校2年

少しできれば、万能感、気持ちを抜いても大丈夫という感覚

げんちゃんは、学校がない日に、ホテルの給仕人という派遣の仕事をやるようになりました。高校2年の正月明けからです。 職場にただ行けばいいんでしょ、というその場限りの感覚 げんちゃんの教育は、ほんとに大変です。 げんちゃんと言う子...
高校2年

発達障害は、気持ちを入れ続けることが、なかなか困難

アルバイトが終われば、またつながりを考えないげんちゃんにもどる ホテルの給仕人アルバイトから2週間程たって、げんちゃんはぐんと伸びた、と言いたいところですが、その日の気持ち次第で、伸びてると思える日と、とんでもないとうんざりする日がお...
表面でしか捉えない

何にも心を使おうとしないのは、生きることの怠慢だと思う

12月、こんな素敵なおよばれをしても、歓喜することもないげんちゃん。何の感想もないのか、あってもすぐに捨て去るのか? 発達障害、興味のないことは、心を使わない、と言うのも程度があるよね! げんちゃんの本質的な問題を克服するのは、ほ...
意識低下

気持ち動かないと、何にも捉えようとしない発達障害

げんちゃんの、始まったばかりの友達付き合い。 前回のブログから引き続き、山下君のお話です。 げんちゃんは、学校で一番親しくさせてもらっているようです。まあ、とはいえ、ほとんど山下君に引っ張ってもらっているという感じでしょうね。 ...
意識低下

発達障害。体調不良は、パフォーマンスを激しく左右する

発達障害、気持ちがないと、聞こえていても、まったく内容がとどまらない、 げんちゃんは、気持ちを抜くと、言葉がなくなります。 今日は、我が家のルーツを、げんちゃんに話していました。終戦の話にかこつけて、私の父、その父である私の祖父...
表面でしか捉えない

発達障害、げんちゃんのパターンは落ちると壮絶

げんちゃんのステージは、刻々と変わっています。 1学期は、げんちゃんを、多少は遠目に見て、要所要所手厳しく指導するという感じでした。 しかし、どうも、彼は、少し自由に泳がせたのを良いことに、上手に抜きながら、抜いてるのをう...
タイトルとURLをコピーしました