ママの格闘と改善のダイアリー

自分の子が発達障害?
それって何? から始まった。

トップページ

挨拶さえ、まともにできない、発達障害げんちゃん

挨拶ができないげんちゃん

「こんにちわ」さえ、自分から言えないことが多い

私の休みの日に、げんちゃんと過ごすと、ほんとにうんざりすることの連発です。

私は、相当こいつを、実力以上に見てしまっている、と感じることが多いです。

とくに、ソーシャル面の社会性のなさは唖然とします。

我が家は、お客さんもたまに来るし、そのたびに、げんちゃんに挨拶を教え込んできました。
「こんにちわ。」
たったそれだけの挨拶が、何度教え込んでも、気持ちよく、自分から出ることがありません。そのお客が、自分とは関係ないと思うのと、まったく人に対しても心が動かないからだと思っています。
もともと、自分以外、いや自分さえ、無関心でいるげんちゃんですから、人のお客さんなんて、心が動かないようです。自分の友達だったら、少しは違うのかな~・・(なんせいないからわかりません。)

名刺を出されたのに無視

ちょっと顔見知りの地方議員さんが、選挙活動で各戸巡りをして、我が家にも訪ねてこられました。
門まで出て、色々話していると、台所で、ご飯の用意をしていたげんちゃん(手伝いくらいです)が外に出てきました。目的は、外に出ていった私に、炒め物を始めてていいかと聞きたかったようです。

私は、議員さんに
「うちの息子です。一応選挙権もありますよ~、」
と笑いかけると、議員さんがげんちゃんに名刺を差し出し、挨拶をしました。

するとげんちゃんは、ぼんやり名刺を受け取ると、議員さんの顔も見ずに、私に向かって、
「お母さん、もう炒めていいの?」
と聞くではありませんか。

私は、あきれはてて、げんちゃんをたしなめました。ちゃんと挨拶をするように促す始末です。

自分のことも無関心なのに、相手に関心があるはずもない

げんちゃんのこういうソーシャルを見ると、ほんとに自己中心そのものの人間なんだな、と思います。相手の立ち位置を図ったりはもちろんしようとしませんし、自分の世界以外、関係ない、と切り捨てて生活しているのがわかります。

子供のころから、挨拶については、ほんとにしつこく教えてきたし、今でもずいぶん、人に接する機会を作るように私は勤めています。

それでも、げんちゃんは、ほんとに挨拶をしません。気持ちが入っているときは、こんにちわ、とぼそっとだけど、声が出るときもあります。また、ルーティンでやるように決まったところも一応やります。が、なんだか抜けてる時は、周りの世界と違う、自分は異次元にいるようなありさまで通り過ぎたりします。

ホテルマンと同席しても、無関心

先日、ある会の幹事になっていたため、会を催すホテルで、担当者と打ち合わせをしました。げんちゃんもたまたま同席させたのですが、最悪でした。
私としては、げんちゃんがT高校の時、ホテルで何日間か給仕のアルバイトをささせていただいたので、心が動くかもしれない、と思ったのです。

実際のバイトは、たぶん、体よく首になったものと思います。シフトがなくなりました。
本人は、そのことを印象的には思っていないのか、終われば、いつものように流し、捨てたものと感じます。

それでも、人間なんだから、有能な営業の方の話は、アルバイトの体験を少しは思い出し、つながりをつけて考えるきっかけになるかもと、私は思いました。

ま、しかし、なんでも終われば捨てるげんちゃん。少し話を振ってるのに、彼の顔さえ見ず、まさに我関せず、の表情です。私が横にいれば、自分は何もしなくていい、ただついておれば、時は過ぎていく・・・必要なことはしてもらえる、そういう態度でした。

営業の方は、それでもいろいろ気を使ってくれて、礼儀正しく接してくださったのですが、彼の態度がスマートで大人だけに、げんちゃんの態度やぼけっとした表情は、同席している小2くらいのガキそのものでした。

日々の生活で、なれた環境、なれた人たち・・・そんな中では、ルーティンをこなし、なんとかごまかしていますが、ちょっと状況が変われば、気遣いも配慮も、相手への興味さえない、お粗末すぎるげんちゃんに、ゾッとするのでした。

ほんとに、いっしょに同行するのがいやなくらい、人っぽくない人間です。

出すとこに、出せば出すほど、こいつの人としての欠陥が露呈して、情けなくなるばかりです。

自己中が露呈する挨拶の場面

できないんじゃない、まったく自己中で、周りなどどうでもいいという感覚でいるのが、露呈するといった感じです。
気遣いがない・・・

ソーシャルとIQは別物だと思う。魂と脳が別物なように

友人で脳性まひのひさし君は、うまく相手と噛んでしゃべれませんが、周りに興味があるので、一生懸命相手の情報を取ろうとします。その心の動きがあるので、挨拶もタイミングをずらしてしまったりはするものの、とても人に気遣いが感じられます。

スキルではない。これは心だよな。と思う次第です。
単なるスキルは、もう十分すぎるくらいつけてやってきたと思います。
ただ心がないから、動かないから、使えないだけだと思います。心があれば、スキルなんてすぐにつくはずだと思います。

私が教育において、とても大切にしてきた挨拶さえ、げんちゃんという不遜な輩は、いまだにできないのです。

公開コメント 承認後公開

  1. とんまま より:

    こんにちは。

    名刺の件は、本人も突然でびっくりしたのかもしれませんね。
    何せもらったことないでしょうから…

    ホテルの担当者さんとの打ち合わせに同伴したのですね。
    なかなかそんな経験はできませんよ、この年齢で。
    ママさんの懸命な努力が伝わってきます。
    確かに高校卒業してから、同じ環境の中で生活をしていましたものね。

    せめて外に出たときには、バチッと意識入れて、対応出来たらどんなにいいか。
    ママさんの落胆する様子が目に浮かびます。
    あれこれ働きかけても頑固すぎて…
    S先生もものすごく時間をかけて下さっていますものね。
    げんちゃんの心はいったいどうなっているのか。

    就労移行支援のエピソードを拝見すると、A型,B型の彼らとは別だーーというオーラ??を感じますね。
    就労移行支援にいる間に刺激があるといいですね。
    げんちゃんのやる気スイッチって何でしょうかね。

  2. げんちゃんママ げんちゃんママ より:

    とんままさん
    名刺をもらった時、自分の私への質問以外は、まったく情報が入らない状態だったと思います。
    小学生のお子さんなら、同じ無視しても、どうしたらいいかわからなくて、恥ずかしいやら、という感じだと思いますが、げんちゃんのそれは、まるで、気持ちの中に入れない状態だと思います。

    自閉傾向が強い、ということなのかもですが、もともと、げんちゃんは、自閉傾向は強くない、とTakeko先生は言いますから、自分で感じたり気づいたりすることを捨てているんでしょう。

    ひどい時は、そばにいる人も覚えていないほど、無関心です。
    人というより、なんか変な妖怪です。

    そのくせ、自分はできると思っていますから厄介です。できるという感覚だけです。でもどこかでできない、というのもぼんやりあって、それを適当に集約させるために、とにかくその場を、取り繕いますね。ひどいもんです。

    就労移行支援のお試しは、うかれるだけですね。
    うかれてるだけなので、まったく内容も把握していませんでした。
    とにかく、表面だけを飾るので、たちが悪いです。

    今は、抜いた時は、IQ501すらない状態になっていると思います。できるはずの行動もできなくなるし、何にもつながりをつけませんし、落ちるだけ落ちます。
    いや~、わが子と言うのもおぞましいくらいクズ男ですね・・・

  3. げんちゃんママ げんちゃんママ より:

    非公開Sさん
    コメントありがとうございます。息子さんは30代でグループホームにいらっしゃるんですね。確かに30歳の壁ありますよね。
    でも、そこに入れてしまうと、細やかな成長の手伝いは確かにできにくいですよね。
    独り立ちさせないといけない、だけど、その能力はない、でも、将来のことも考えないといけない。
    グループホームで、しっかり成長できるまでに仕上げていないと、確かに落ちることもありえますね。ほんとにこういう障害は、なかなか突破口がないですよ。

    Takeko先生は、ずっと以前からブログを書かれていたロボママさんの教室です。
    リンクのところに教室を貼っていますので、リンクを見ていただいたらいいですよ。
    ルームシンプル という教室を神奈川でされています。

    一昨年から起業されて、長く書かれていたブログは、閉めてしまわれましたので、昔から私のブログを読まれていた方は、なじみのある方なんです。

    最近短い本も出されたので、本の写真も貼りました。今度紹介しようと思っていました。

    しかし、残念ながら、今は募集を打ち切っているように思います。一人でやられているので、教える人の数が限定されているようです。

    良かったら見てみてください。

    言葉を教えるというのは、常識なんかもそこに乗っているわけで、ほんとにすそ野は膨大です。
    げんちゃんも、心を動かすのをめんどくさがるので、何も広がっていかないです。

    特に、感情を表す言葉なんて、いやだ、くらいしかないんじゃなかな~と思うくらい、何も感じようとしません。
    感じなければ、言葉も生まれません。

    たけこ先生も手を焼いていますね。ほんと。

    グループホームの仕組みはよくわかりませんが、親子で少し離れたことで、定期的にいろいろ指導しに行ったり来たり、と言うことも可能なのでしょうか。

    やはり、一生指導を続けて行けたらと思いますね。

    何もやらないと落ちる一方なところがあるげんちゃんタイプ。離して自立させたいですが、その能力もなし・・・・

    継続就労支援とグループホームというのは、やはり、ちょっと心配ですよね~。お気持ちわかります。

  4. げんちゃんママ げんちゃんママ より:

    非公開Sさん
    お返事ありがとうございました。
    まず、障害年金ですが、うまくしないと取れないこともあるらしく、色々取っている友達にきいているところでした。やはり、もらえると、働くにしても、心強いですよ。

    てんかんがあるというのは、なかなか心配ですよね~。
    げんちゃんも、じつは、チックが治りません。どういうときに出るか、というと、どうも、逃げの気持ちやいやな気持が強くおこっているときのようです。
    うちの場合は、そういうズルい行動と重ねて出るので、チックを出すと、ぴしゃり
    何やってんの! チック出てるよ!
    って、みんなで叱り飛ばします。

    昔よりは減りました。てんかんは、脳の傷など原因がわかるときばかりではないですよね・・・

    S先生は意識のずれでチックなどは出ると言います。
    また、どもりもひどくて、気持ちを言葉にする速度のちぐはぐなどでおこりやすいようです。
    また、自分が誠実に考えているんだ、アピールの時も出やすいので、我が家は、
    どもらないで、わざとらしい!
    と、言ったりします。
    あせってしまって出る時は、落ち着いて言いなさい・・・と落ち着けることもあります。でも最近は、わざとらしい時がとっても多くて、たしなめると、よくなるんです。

    どんだけずるいんだか・・・・

    心の調整は、言葉の調整でもあります。
    たけこ先生のスクール、オファーしてみたらいいと思います。一応お伝えしておきました。

    週末に家に帰るんですね。
    30代といっても、精神年齢は、まだまだ子供だと思いますから、できる限り、はたらきかけていきたいですね。

    日曜にホームセンターの寄せ植え教室とか、一日木工とか、あっているので、そう言うのも利用するといいのかもですね。たまにうちは参加させますよ~。

    とにかく、意識低下をおこさないようにさせることが、いつも優先課題になっています。すぐに抜きまくるので、困りますね・・・
    この子たちは、何もしないで、能力キープは難しく、しっかりはたらきかけて、何とか維持、の世界です。伸ばそうと思うと、そこからさらに、になるので、ほんとに疲れますよね~・・・老け込むことができないですよ。ほんと・・・・隠居できるようになるのかな~・・・

非公開コメントはこちら

コメントを非公開にしたい方はフォームで直接メッセージください。お返事はコメント欄にいたします。

    タイトルとURLをコピーしました