歯科医院の感染予防

コロナウイルスによる肺炎が拡大しています。
うらかわ歯科医院では、コロナウイルスをはじめ、院内での感染を防ぐために、スタッフ一同、あらためて、院内感染予防対策の徹底をするとともに、来院された方にも、現在、以下のような対策をおねがいしております。

1、待合室での対策 次亜塩素酸による空間除菌

1、来院した患者様に、受付で、まず、消毒剤による手指の消毒をお願いいたします。
2、来院する方は、マスクの着用をお願いします。(マスクは、待合室に、唾液の飛沫が飛ばないようにできます。)
3、空間除菌脱臭機ジアイーノによる、待合室全体の殺菌をしています。来院された患者さんが、診療室に入る前に、体に付着したウイルスや細菌を、極力取り除き、診察室に入っていただくようにします。
4、待合室に、消毒剤を常備し、ご自由に使用していただきます。


うらかわ歯科のコロナウイルス対策

2、診察室での対策  オゾンによる空間除菌

1、診療器具は、患者さんごとに滅菌、消毒しています。
2、コップ、エプロンは、ディスポーザブルで、患者さんごとに廃棄しています。
3、歯を削る切削器具は、患者さんごとに滅菌して使用しています。
4、その他、医療行為は、専門的な基準に従って、院内感染防止をしています。
5、治療前に、殺菌成分リンスで、40秒以上のうがいをしていただいて、治療に入ります。(口内をできる限り除菌して治療することで、ウイルス、細菌が飛び散ることを防ぎます。)
6、オゾンによる、空間除菌システム(オゾン室内除菌脱臭機IHI制)を採用し、診療室内の空気および、空間全体の除菌をしています。

夜間は、高濃度オゾンにより、部屋全体を強度に殺菌しています。

うらかわ歯科のウイルス対策

コロナウイルス防止対策は、インフルエンザ防止にも役立ちます。コロナウイルスを過剰に怖がるのではなく、正しい予防対策に心がけましょう。マスクをはずすときは、ゴム部を持ちましょう。

また、うらかわ歯科医院は、高濃度オゾン水生成器を院内に持っています。オゾン水の殺菌力は強く、オゾン水は、お掃除や、器具の滅菌をする前の洗浄などに使用しています。マスクの表側、スタッフのエプロンなども、オゾンの噴霧で除菌できます。短時間で、すべてのウイルスや菌が死滅します。それほどの強い殺菌力があるにもかかわらず、基本的には水なので、殺菌後30分後には、普通の水に戻り、人体への影響がありません。
高濃度オゾン水

おすすめの記事