コロナウイルスは、飛沫感染と、接触感染が主な感染経路です。

つまり、人のつばや体液(汗や皮脂)から、コロナウイルスが排出されます。ですから、マスクを全員がつけるというのは、感染予防になります。あなたも感染している、私も感染している、という仮定のもとにウイルス対策をするのが、もっとも安全です。
でも、マスクはちまたに足りなくなっています。スーパーに入荷すると、すぐに売り切れます。

しかし、口から飛ぶ唾液を口元でストップするためには、何も、医療用のマスクじゃないとだめ、というわけではありませんよ~。

うらかわ歯科では、来院されるみなさんにマスクをしていただくようにお願いしておりますが、マスクを着用していない方も来院できるように、マスクを差し上げております。

簡単にできて、しっかり飛沫が飛ぶのを防ぐお手軽マスクです。うらかわ歯科で手作りしているマスクの作り方を動画で解説してみました~。身近にある素材で、あっという間に作れます。
ちまたには、まだまだマスクをせずに出歩いているかたを見かけます。ちょっと怖くなります。みんながマスクをするだけで、コロナの感染確立はさがります。ぜひ習慣にしてくださいね。

三角コーナー生ごみ袋とキッチンペーパーで、簡単マスクが作れます。普通の輪ゴムを使ってホッチキスで止めたら、できあがり。コロナウイルス対策は、マスクをつけて外出!それがまずスタートです。コスパも手間も、材料の手に入りやすさもよくて、一見本物に見えちゃうマスク、ぜひお試しください!

おすすめの記事