つめものが取れて、うらかわ歯科を訪れる方は、かなり多いです。
詰め物のうちで、圧倒的に多いのは、”銀歯”。

「これを、またつけて下さい、と言われることも多いですが、新たな虫歯があったり、つめものが変形していたりすると、再セットできないことがあります。古い詰め物ほどその傾向があります。また、再セットしても、目に見えない金属の変形があったりして、すぐに外れることがあります。歯科の接着剤は、かなり進化してきていますが、口の中は、とてもハードな環境です。きちんと審査をして、対応しています。

詰め物のような人工物も、いくつかの種類がありますね。代表的なものは、下記のものがあります。

詰め物の種類詰め物の説明もう一度セット可能か
レジン白いプラスチックの詰め物不可
インレー(金属)歯の一部だけつめている銀歯虫歯など、歯の異常がなく、金属が変形してなかったら再セット可
クラウン(金属)歯全体を覆う銀歯
ブリッジ(金属)失った歯の両側の歯を、削って入れる、つながった銀歯
セラミックなど白いかぶせもの、白いブリッジ(ベースが金属のもの)金属表面に白い素材をほどこしているもの。
金属をまったくしようしていない白い詰め物やかぶせもの。型を取って作った白い素材のもの。

 

歯の異常がなく、詰め物が欠けていない場合は可

小さな詰め物の一部の欠けは、レジン(プラスチック)で応急処置ができる場合もあります。

おすすめの記事